ファッションが示す国民性

近年の不況に合わせてプチプラファッションが流行しているので、低価格でオシャレが楽しめています。

ファッションが示す国民性

不況ならファッションは安価に楽しみます

ファッションが示す国民性
近年は、世の中の不況でデフレの傾向があります。高級な物は高価なままか少しずつ値上げしているように思いますが、安価な物が増えたように思います。特に、買いやすい価格になったと思うのが、服飾関係です。今では、有名ブランドの価格を抑えたセカンドラインの店舗が増えてきました。また、プチプラファッションと言われる安価な服でオシャレに着こなすことがもてはやされるようになりました。10年程前には海外のセレブを真似たファッションが流行していたので、1点で数万円もするような服が人気でした。その頃は、量販店のノーブランドの服でも、ジャケットやブーツなら2千9百円で売られていれば安くて驚き、デザインがあまり気に入らなくても衝動買いしたほどでした。

今では、インターネットの通販サイトで探せば、送料込みでも千円以内で買える服がたくさんあります。ジャケットもブーツも、千円代でいくつもみつかります。安価な分、ブランド物に比べると質は劣るものの、価格の割には良いと思うことが多々あります。それに、プチプラファッションが流行しているので、安価な物があえて選ばれている風潮もあります。不況の時代に合わせて、お金がないならないなりに工夫して過ごすことは、良いと思います。

比べてお得!



Copyright(c) 2019 ファッションが示す国民性 All Rights Reserved.