ファッションが示す国民性

自分が好きなファッション、好きな色、好きな服装、おしゃれへの気持ちやこだわりなどに関することについて。

ファッションが示す国民性

自分が好きなファッション。

ファッションが示す国民性
一般的に、おしゃれをする、着飾ることをファッションと言います。服装は、身だしなみの一つでもありますが、その人が自由にできる部分でもあります。仕事や、冠婚葬祭、お呼ばれの席など以外では服装というものは自由です。

ファッションは人によって好きな服装というものがあります。私は、コンサバティブと言われるような服装が好きです。きちっとした服装がとても好きなので、あまり服を着崩したりということをしません。選ぶ色も、黒やブラウンなどが多く、あまりカラフルな色を着ることがありません。時々、人からはもっと明るい色を着た方がいいと言われる時もありますが、あくまでもおしゃれというものは自分が好きな色を着ることだと思っているので、自分が着たい色しか着ません。

ファッションにおいて、一番大切なのは自分らしさを大切にすることだと思います。誰もが、だいたいは自分がどんな服装が似合うか、どんな色がピッタリ合うかを知っていると思います。それを基本として服選びをしていると思います。時には、気分を変えて普段挑戦しないような服装をしたり、普段選ばないような色の服を着てみるのもおもしろいと思います。雑誌や流行をそのまま真似するのではなく、自分が一番良く見える、もしくは気分が明るくなれるような服を着て楽しむのが一番いいのではないかと思います。

比べてお得!



Copyright(c) 2019 ファッションが示す国民性 All Rights Reserved.