ファッションが示す国民性

ファッションコーディネートにおける配色は、色の組み合わせとトーンを合わせることに注意が必要です。

ファッションが示す国民性

ファッションにおける配色

ファッションが示す国民性
ファッション性が高いコーディネートに仕上げる為には、色の相性や組み合わせを学ぶことが大切です。コーディネートはアイテム同士の組み合わせ方に注目すると共に、その色使いに目が行きます。上手く色を組み合わせていればお洒落に見えるので、あらゆる組み合わせを知っておくことが大切です。

まず、鉄板はモノトーン同士の組み合わせです。キレイめでフォーマルな雰囲気になるので、大人らしいコーディネートをしたいときにはお勧めです。しかし、見方によっては単純で面白みが無いコーディネートでもあるので、明るい色の小物を取り入れてコーディネートにアクセントを付けましょう。カラー同士の組み合わせは、必ず色のトーンを合わせます。同じ明るさの色を組み合わせることで、協調性が持たされてコーディネートに馴染みます。赤と青を基本として、オレンジとネイビーやワインレッドとネイビーなどトーンを変えて組み合わせることでお洒落なコーディネートに仕上がります。モノトーン系の色のボトムとグリーやイエローなどのトップスを合わせる場合は、出来るだけトーンが低い色のアイテムを選ぶことが大切です。初心者の内は組み合わせやすい配色でコーディネートをすることが重要です。


Copyright(c) 2019 ファッションが示す国民性 All Rights Reserved.