ファッションが示す国民性

会社でのファッションについて、書いていきます。会社では、おしゃれでいながら、無難な格好が求められます。

ファッションが示す国民性

会社でのファッションについて

ファッションが示す国民性
会社でのファッションについて、書いていきます。会社では、おしゃれでいながら、無難な格好が求められます。会社では、社風や社則もありますが、華美な格好は、よくないとされています。何より、会社では、自分自身が会社の代表だと思われますし、社外の人と会う時には、服装も気を遣います。初めて会う方には、きちんとした感じを抱いて欲しいので、スーツやジャケットを羽織ったりします。ファッションでの印象も大切なので、ファーストインプレッションは大事です。

靴にも気を遣っていて、靴は必ず磨きますし、かかとがきれいな物しか履かないようにしています。私が、少し気をつけているのは、時計や名刺入れで、ブランド物は避けています。いくら高くて良いものででも、高すぎると、印象は、あまりよくありません。やはり、会社員なので、分相応を心がけています。

目上の方には、特にそうなのですが、ブランド物だけは、避けます。以前、先輩に注意されてからは、会社への持ち物は、ブランド物と見えない物を選んで、ひかえめにするようにしました。たかが、ファッションされどファッションで、会社での格好が一番悩みますし、工夫もできますので、おしゃれを楽しみつつ工夫しています。


Copyright(c) 2019 ファッションが示す国民性 All Rights Reserved.