ファッションが示す国民性

憧れているファッションや好きなファッションが自分に似合わないとがっかりしますが、前向きにいきましょう。

ファッションが示す国民性

憧れているけれど似合わないファッション

ファッションが示す国民性
憧れているファッションや好きなファッションと、自分に似合うファッションが違うのってちょっとがっかりですよね。私も実際そうです。良いな、素敵だなと思う洋服に限って似合いません。チグハグに見えてしまうし、少なくとも私がイメージした通りにはどうしたって見えません。雑誌で見たときは素敵だったのに着てみたら凄く似合わなかった、なんてことがあると本当にがっかりしますよね。けれど似合わないものは仕方がないので、もっと前向きに考えるべきです。例えば似合わないファッションだって似合うファッションと混ぜたらいけるかもしれません。

私の場合あまり大人っぽいキャリアウーマン風の格好が似合いません。着てみると凄くチグハグでおかしな印象になってしまいます。けれどバリキャリ風のスカートを可愛いブラウスと合わせて着たら意外と悪くはなかったです。凄く似合う!とまではいきませんが悪くはないんです。こういう風に混ぜて使えば憧れの洋服だってそこそこ着こなせるんじゃないでしょうか。また自分に似合う服を好きになる、というのも良いと思います。せっかく似合うんだから、そのファッションを好きになってしまえば自分に似合うからこそもっとお洒落が楽しくなると思います。

比べてお得!



Copyright(c) 2019 ファッションが示す国民性 All Rights Reserved.