ファッションが示す国民性

主人は細身。体型に合わないファッションをしていた主人を体型に合った服装に変えると、スタイリッシュになりました。

ファッションが示す国民性

主人のファッションについて。

ファッションが示す国民性
20歳の頃に知り合った主人は、細身で私より細いのではないかと思うぐらいの体型でした。なのに体に合わないダボダボしたようなデニムにパーカー、そしてスニーカーというファッションで、ショッピングモールにデートに行くような時すらもそのスタイルでした。それがあまりよく思えなかった私は、人のファッションに口出しするのはどうかと思いましたが、体型に合っていないことと、TPOに合った服装をして欲しいと願い出ました。怒るかなと思っていたのですが、自分に似合うスタイルがわからないから一緒に選んで欲しいとお願いされたのです。

次のデートの時に、全身のコーディネートをすることにしました。細身なのでスリムなデニムと、シンプルなカットソー、カーディガン、足元はシンプルなスニーカーに変えました。すると今までで一番似合っており、本人も大満足でした。体型に合ったファッションをするというのは、基本なのだと感じたものです。結婚してお父さんにもなった主人は、今でも体型が崩れることもなく、シンプルなコーディネートをしてくれるカッコイイお父さんになりました。今では、私よりも身なりに気をつけているように思えます。人って服装だけで心持ちまで変わるのだと知りました。


Copyright(c) 2019 ファッションが示す国民性 All Rights Reserved.